外壁塗装の手順のキホン

外壁塗装の手順

自分の家の外壁を塗り替えるときには、
「住宅塗り替え手順」をきちんと踏み、
満足できる塗り替えを行いたいものです。

 

塗り替え工事が完成するまでには、
いくつもの工程があります。

 

悪徳な外壁リフォーム業者がある事も問題になっている中、
職人まかせにせず、自分自身でおおよその工事の流を理解し、
きちんとした工事が行われるかどうか、
見積もりの段階でチェックしたいですね。

 

施工手順は、現場の状況や建物の形状によって変わる場合がありますが、
おおよそは以下のような流れになります。

 

(1) 工事の相談と見積の依頼

 

見積の依頼は、直接塗装業者へ
電話やファックス、インターネットなどで問合せます。

 

@ 塗装業者のホームページで工事実績や会社概要などを確認しておくと良いですね。

 

A 1社だけでなく、複数の塗装業者に問合せ、比較し、検討しましょう。

 

B ホームページが無い場合は、会社概要などを郵送してもらい確認しましょう。

 

(2)現地調査と建物診断

 

塗装業者を呼び、建物の現状を診断してもらいます。

 

@ 可能であれば一緒に立会い、きちんと調査をしてもらいましょう。
  劣化した部分の説明を受け、こちらからの希望も伝えます。

 

A チェックリストを書面で提出してもらいましょう。

 

(3) 見積書の依頼

 

見積書を提出してもらいます。

 

@ 見積書の内容は、塗料の種類、仕様、数量などの工事内容が
 明確に記入されているかを確認します。

 

A 不明な点があったら説明してもらいます。
 予算金額や工法・塗装仕様など、希望があれば、最初に伝えておきましょう。

 

(4) 見積書の内容の検討

 

塗料には色々な種類があり、塗料によって施工値段も変わってきます。

 

ですから、単純に金額が高い、安いだけでは比較することができません。

 

信頼できる業者に、建物の状況に合った見積書を作成してもらい、
他の業者にも、同じ仕様で見積もりを依頼し、
その中で比較し、検討するようにしましょう。

 

(5) 契約

 

いよいよ契約です。

 

@ 工事内容を理解し、納得してから契約するようにしてください。

 

A 現場の担当者と、工法や工程、重要な塗装色などについて
 念入りに打ち合わせをします。

 

B 工事期間中の注意事項など、分らないことを確認しておきます。

 

C 代金の支払い方法、代金を支払うタイミングについても確認します。

 

(6) 近隣への挨拶

 

前ぶれもなく工事を進めると、近所の方に迷惑がかかります。

 

工事が始まる前に、近隣への挨拶はどうすれば良いか、
現場担当者に確認しておきましょう。

 

現場担当者のあいさつ回りは必ずしてもらい、
施主としても同行するか、
無理な場合は、別になっても、両隣り、前後のお宅には、
工事をする胸を伝えておくようにします。 

 

(7) 足場の組み立て・シート養生・床養生

 

足場を組み当てて、安全な作業場を作ります。
周囲に塗料が飛び散らないように、メッシュシートで多います。

 

@ 植木や物置など大切なものがあれば、
 前もって現場担当者に伝えておきます。

 

A 工事中は、足場を使って外部からの侵入が可能になります。
 侵入されてもわかりづらい状況になるため、
 扉や窓の施錠等、防犯面はしっかり注意するようにしましょう。

 

(8) 高圧洗浄と下地調整

 

塗装の前に強力な洗浄器で外壁に付いた汚れやホコリなどを洗い流します。
ひび割れした箇所は、補修を行い、サイディングの壁は目地等のシーリングを打ち替えます。

 

この高圧洗浄と下地調整次第で、仕上がりが変わってくる部分も大きいです。

 

@ 作業中は、洗濯物は外に干さないようにします。

 

A 傷んでいる部分、気になっている部分があれば、
 前もって現場担当者に伝えておきます。

 

(9) ビニール養生

 

塗料がつかないように、塗装しない部分をビニールシートでカバーします。

 

この養生がきれいにされていないと、仕上がりにむらが出たりにじみが出るなどします。

 

@ 養生した窓などは、塗装が完了するまで開閉することができません。

 

A 建物に近い植木も養生したり、外壁に接している部分は切らなければならない場合もあります。

 

B 大切な植木や物置などは、建物の近くから移動しておきます。

 

(10) 鉄部・木部塗装(下地処理・下塗り)

 

鉄部や木部は、サビや剥がれてきている塗料を落とす作業をしてから、
下塗り→上塗り2回の、3工程で塗装をします。

 

ケレン

 

ケレンとは、塗装工事の工程の中の、
サビ落としや付着力が弱まっている以前の塗膜を除去することです。

 

この作業をしっかり行わないと、仕上がりの美しさにも影響しますし、
塗膜の寿命にも大きく影響します。

 

サビ止め

 

サビ止めというと、赤錆色のイメージですが、
最近は、白、グレー、黒、クリーム色など、色々な色のサビ止め塗料があります。

 

(11) 屋根塗装

 

屋根の塗装は、特に耐久性に優れた塗料を選ぶことが大切です。

 

屋根は、紫外線や雨風など、最も過酷な条件にさらされている部分です。
耐久性に優れた塗料を選び、3工程(下塗り・中塗り・上塗り)で塗装します。

 

屋根の作業は、自分では確認しづらいので、
作業工程の写真を撮ってもらって確認するようにしましょう。

 

(12) 外壁塗装

 

外壁は、下塗りと、上塗りを2回行います。

 

下塗り

 

下塗りは、下地や上塗り塗料との密着をよくするために、
シーラー・プライマー・フィーナーなどの下塗り塗料を塗る作業です。

 

上塗り1回目

 

塗膜は、厚さが不足すると劣化が早まります。

 

そのため、上塗りを2度行い、塗膜厚を一定量確保します。

 

上塗り2回目

 

上塗り1回目の上に、もう一度塗装します。

 

塗膜厚を確保し、より美しく仕上げます。

 

塗りムラなどに気づいた場合は、現場担当者に申し出てください。

 

(13) 鉄部・木部塗装(上塗り)

 

塗料の塗りムラ、色の間違いなどに気づいたら現場担当者に申し出てください。

 

(14) 確認

 

現場担当者が仕上がりの確認をし、
手直しが必要な場合は手直しをします。

 

(15) 足場・養生撤去

 

塗装作業がすべて終わったら、覆っていたビニールシートや
メッシュシートをはがし、足場を解体します。

 

足場を解体する前に、全体の確認をしましょう。

 

(16) 清掃

 

現場周囲の清掃をします。

 

@ 塗装箇所以外の部分に塗料がついている場合は、
 早めに落としてもらいます。

 

A 針金やカッターの破片などが落ちていないかどうか確認してください。

 

(17) 工事完了・塗膜性能保証書の受け取り

 

@ 工事が完了したら、ご近所に挨拶に行きます。
 現場担当者または、自分で挨拶に行きましょう。

 

A 工事内容と仕様に応じた保障期間が記載してある保証書を受け取ります。

 

(18) 工事代金の支払

 

業者によって、工事代金の支払い方法や、
支払をするタイミングが異なります。

 

契約時によく確認しておき、支払を済ませます。